13歳のハローワークについて

MENU

13歳のハローワークについて

「13歳のハローワーク」とは、芥川賞作家である村上龍さんが2003年11月に幻冬舎から出版した職業紹介の本です。
514種の職業を紹介しており、大きな話題となりました。
455ページもの厚みと2,730円という価格にもかかわらず、2005年11月の時点で、発行部数113万部を超えるベストセラーで、多くの小・中・高校の参考図書として採用されたそうです。
「13歳のハローワーク」には、「人生は一度しかない。
好きで好きでしょうがないことを仕事にしたほうがいいと思いませんか?
『いい学校を出ていい会社に入れば安心』という時代は終わりました。
13歳から大人まで、自分の本当に好きなことをもう一度よく考えて仕事を選ぼう!」という村上龍さんのメッセージがこめられています。
子供にもわかりやすい文章で書かれていますし、タイトルは「13歳のハローワーク」ですが、大人向けの本でもあるのです。
発売から5年以上経った現在でも、「13歳のハローワーク」の公式サイトは残っていて、ちゃんと更新されています。
また、2008年の5月29日には、デジタルワークスエンターテイメントから「13歳のハローワークDS」というニンテンドーDSソフトも発売されました。
「13歳のハローワーク」は、とても評価の高い本ではありますが、村上龍さんが一人で書いたこともあり、職業の紹介の仕方に主観が混じっていると批判する人もいるようです。
もちろん、紹介されていない職業も多数ありますし、情報が誤っていたり、不充分だという指摘もされています。
それでも、職業を考える上でのとっかかりにはなるはずです。